佐伯チズの肌断食

佐伯チズさんが推奨するのは、「休日に顔に何もつけないで過ごす」です。
とてもシンプルなケアで「肌断食」といいます。
私自身は、佐伯チズさんの「肌断食」を知る前から自己判断でこれを実行していました。
皮膚には、大きく分類して6つの作用があります。
その6つとは、「体温調整」「知覚」「保護」「分泌」「吸収」「呼吸」です。
そのような作用があるにもかかわらず常日頃から何種類もの化粧品を使用している、肌も当然ながら疲れてます。
肌断食がなぜ必要かというと、日々化粧品を肌に使用していると、肌が過剰栄養となり肥満状態となります。
例えるなら肌の生活習慣病のような症状になり肌の機能も衰えてきてしまいます。
食事をお休みすることにより胃も休ませてあげると同様に、肌にも化粧品を与えない「肌断食」を実行することで、肌本来が持っている力を取り戻すことができます。
朝、晩の洗顔は、ぬるま湯だけの「素洗い」で行います。
ぬるま湯だけの洗顔をした後に肌をじっくり観察すると、皮脂が出てきて顔にテカリがないかや、乾燥していないか、などの肌の状態をチェックし、自分の肌には何が必要なのか、を感知することができます。
「忙しい日がどんなに続いても2週間に1度は肌断食」を佐伯チズさんは推奨しています。
肌断食をした翌朝は、確かにお肌がつるつるしていてすっきりします。
特に吹き出物出た時や肌に疲れがたまっているな、と感じた時にはさらに効果があるように思えます。
肌断食の翌日はいつも通りのローションパックを行い、美容液をつけると、肌に化粧品がぐんぐんと吸収している感覚があり、とても気持ちが良いです。
まだ試していない人はぜひ1度試してみるとよいと思います。

商品説明:ニキビ・吹き出物・毛穴 だいわ文庫 著者:佐伯チズ出版社:大和書房サイズ:文庫ページ数:153p発行年月:2007年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「吹き出物の痕がシミ化してきました」「毛穴のつまりと開きをなんとかしたい」「ニキビのせいで老けてみられます」「20代の頃のプルプル肌に戻りたい」…などなど、読者
さらに詳しい情報はコチラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。